育毛剤と育毛トニックの違いを徹底検証!おすすめはどっち?

同じ様な物として扱われがちの育毛剤と育毛トニックですが、実は全く違う事をご存知ですか。
では、両者にはどういった違いがあるのでしょうか。

 

まず含まれている成分の違いです。
有効成分なども違いますが、それ以外に製品を構成する為の成分に差があります。
育毛トニックの場合は水やエタノールが多めに含まれていますが、育毛剤にはそれ程含まれていません。
だから使用感も待ったく違い、前者は凄く爽快感がありますが後者は爽快感というよりはしっとりとした感じがする事も多々あります。

 

2つ目は宣伝文句が全く違っているという事です。
日本では薬事法という物があり、効果効能を断定してしまってはいけないというルールがあります。
医薬品ではない場合は育毛効果が期待出来るという事を言う事はできません。
あくまでも頭皮がさっぱりするとか、血行を促進すると言った働きを言うだけに抑えられています。
従ってこの点からもどちらなのかを判断する事は容易に出来るでしょう。

 

3つ目は使ってみると凄く爽快感があり、効く感じがするという事です。
育毛トニックの場合、爽快感などを感じる事ができないと本当に効果があるのだろうかと消費者の方から疑われてしまう事もあり、メントール成分などを配合して凄くさっぱりとした使い心地となっています。
しかしアルコールが多めに配合されていると頭皮を消毒し、常在菌が住みにくい環境にしてしまったり時には肌の乾燥を促進してしまい痒みなどを引き起こす事も考えられます。

 

4つ目は販売価格が全く違うという事です。
例えば、健康食品よりも医薬品の方が販売価格が高い事が多いと感じたことがある人もいるでしょう。
薬とサプリメントだと、1錠あたりの価格が大きく違う事は珍しくありません。
これは育毛トニックにも共通して言える事で、大体1000円代で売られている場合は育毛剤ではないと判断してしまってもそれ程問題はないでしょう。
やはり効果が期待できる製品を作る為には、莫大な研究開発費が費やされており、さらにその成分の効果を調べる為に行う実験でも費用は多く発生します。
従って販売価格も自ずと高額になって行ってしまうのは、ある程度仕方がない事だと理解して良いでしょう。

 

この様な違いが両者にはいくつもあります。
本当に頭皮には低刺激で、さらに薄毛の改善に効果を期待したいと思ったら、出来るだけ育毛剤を購入する様にしましょう。
ただ一つの方法に固執する必要は全くないので、育毛トニックも爽快感をゲットする為などに使う事は十分メリットがあると言えます。